カミュ「異邦人」|子育てママの絵日記ブログ

カミュ「異邦人」


ちょっとわかりずらくて二度読みしました。

性格がつかみずらくて感情が乏しい主人公のムルソー。
ムルソーにとって目に見えるものはとても直接的で鋭いものでした。
そして終盤、死刑判決に激しく同意し死にむけて迫るあの勢い。

早見和真作「イノセントデイズ」を読んだばかりだったから、
控訴せずに死刑にむかうという静謐の激情に息がつまりそうだった。

太陽のせい―。

母の死に際しても涙を流さなかったムルソーが抱える不条理な世界。

私たちもムルソーみたいに突飛ではないけれども、それぞれが抱える不条理と折り合いながら生きているのかもしれないな。






P1000021.JPG

よかったら応援お願いします!
ポチッ!
↓ ↓
banner_02.gif

posted by 子育てママの絵日記 at 15:29 | Comment(0) | 本のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。