映画「赤ずきん」|子育てママの絵日記ブログ

映画「赤ずきん」


冬休みに入ってふっとつけたテレビで「赤ずきん」の映画がやっていました。

赤ずきんの童話をモチーフにしたもので、ところどころ赤ずきんちゃんのエピソードが入っていました。

深い森のそのまた先にある村はその設定だけでも不穏な感じ。

その村人のなかに人狼が溶け込んでいるというのです。

人狼はあなたの隣人かもしれない。

妻かもしれない。

親かもしれない。

そんな状況。人間不信になって当たり前ですよね。

いかにもあやしい人たちがあやしい動きをするけど、その人たちも人狼に殺されていきます。

ああ、白だったのねの連続。

だけどさいごはちょっといい話に。

狼。赤いずきん。おばあさん。狼のお腹に石。

主要キャストが皆美しくって、それはそれで理想的なんだけど、感情移入があまりできませんでした。

物語を引っ張る力って隙のない美しさよりも際立つ個性なのだということがよくわかりました 






よかったら応援お願いします!
ポチッ!
↓ ↓
banner_02.gif

posted by 子育てママの絵日記 at 10:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック